PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

疥癬(かいせん)

拾った時のねぎなんですが、
鼻水、目の腫れ、便にはサナダ虫も見られました。
特に皮膚が荒れた状態でかなりひどかったです。
体にカサブタみたいなモノがたくさん浮いてて、耳にブツブツもありました。

猫缶?

当時、かかりつけの獣医は駅4つ分も向こうにありまして、
いつもバスに乗って行ってました。
でも、近所ですぐに行ける良い獣医はないかと探していたのです。
自転車で行ける近い場所に開業したばかりの獣医を発見、
ねぎはそこへ連れて行くことにしました。


皮膚の方は疥癬で、フロントラインをしてやれば大丈夫との診断でした。
他の子達に感染してはいけないと思い、全員にフロントラインを。

あとカサブタみたいに浮いてるのと皮膚にガサガサとこびりついてるモノが、
なんとダニのタマゴだとか、、、、。
体についてるダニのタマゴの汚れなどは、洗ってやると良いとのことで、
2~3日に1回くらい、汚れを落とす程度に軽く洗ってました。
抵抗してるつもりのねぎ


「なんか痒くない???」

しばらく何日かたって、私は体に痒みを感じたので旦那に聞いてみました。
その時は痒くなかったらしいのですが、何日ヶ後に痒くなったようです。


疥癬は人にも感染するんです。
2人とも体中が痒くて痒くて仕方なかったですね。

ねぎの疥癬は治る様子も見られず、
日を追うごとに痒みも増してきたらしく、額や頬を血が出るまで掻く始末。
獣医に連れて行き、
ねぎのそのひどい状態を見て、ようやく駆虫剤を打ってくれました。
それまでは、痒みが治まらないと言っても「ん~?!おかしいなぁ?」って感じでした。


他の獣医で話を聞いたら、
「フロントラインで疥癬のダニは死にません。」Σ(・ω・ノ)ノ


最初に疥癬と診断した時、あの時すぐに駆虫剤を打ってくれてたら、
ねぎも私達もこんなに痒くならなくてすんだのに、、、。
約3週間の間、私達は感染するのをただ待ってただけ?じゃないですか!ヾ(*`Д´*)ノ"
密かにその後、ドラムから疥癬のダニが見つかりました。

以前、ルナを紹介した時に、 獣医の話 を書きましたが、
また騙された~~~って感じです。

とても良い先生だっただけに、すごく残念でした。
若い人だったので、経験不足だったのでしょうか、、、。

駆虫剤を打ってもらってから、ねぎの疥癬はもちろんきっちり治りました。
スポンサーサイト

| 獣医 | 15:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

疥癬は大変ですよねー…私もひどい目に遭ったことがあります。
私はペット産業(ペットショップね)が反吐が出るぐらい嫌いですが(売れ残ったらどうなるか聞かされて)、そのおかげもあってか日本では金の成る木=技術も日進月歩。
と、いうわけで、私は獣医さんを選ぶ時は、
1.若い
2.施設が今風で野心的なものを感じさせる。(獣医は口コミで評判が広まるので稼ぎたい人は真面目で必死なのでw)
3.若すぎない(知り合いの獣医に「10年はやらんと使い物にならんで?」と言われたので)
あたりを注意して選ぶことにしています。多少遠くても扱うのが命ですから泣く泣く遠出しています…死なせてしまうと不甲斐なさと不条理感で心が折れそうになるので。

ミケは残念でした。動画観て涙が出た。ちょっと寂しくなりますね;
癌となると半分寿命みたいなものですが、付き合い長いし逝かれた時堪えますよね、猫と暮らす時点で先に逝ってしまうのはわかってることとは言え、私も毎回ガックリきます。
最近では「自分より先に逝ってくれて良かったじゃないか!」と自分に言い聞かせていますが(^^;

| 猫使い | 2009/07/22 00:24 | URL | ≫ EDIT

猫使いさんへ
疥癬は痒いですよね~。
あの痒さは堪りません、ほんとに。
獣医選びで、①②③は確かに重要ですね。
ねぎを連れて行った獣医には、2階には美容院、診察室も2部屋あって、設備も色々と整っていました。
対応もすごく良かったんですょ。
当時のかかりつけの獣医も忙しくなりすぎたせいか、
段々、雑になってきたような気がして、、、。
それにかかりつけの獣医が休みの時に限って、にゃんずの誰かが調子が悪くなったりとか。
色々あって、近所で探してたんです。
あと、私も生体を扱っているペットショップは大嫌いです。

| 肴 | 2009/07/22 10:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katawaranaynz.blog68.fc2.com/tb.php/25-b9d0f273

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。